精度が高く細部まで抜かりない仕事ができる外壁塗装業者に依頼しよう

大きな一軒家

外壁塗装で帰って来たくなる家に

白い外壁の家

ご近所が一斉に外壁塗装をやり始め、我が家にも色んな外壁塗装会社の営業が来ました。仕事から家に帰るとポストに「見積書」が投函されていたりもありました。周りの家がどんどん綺麗になっていく事がプレッシャーになり、外壁塗装を考えました。タイミングは前回の外壁塗装から10年が目安と聞いた事があったので、実際に職人さんに来ていただきました。目地に使うコーキングの劣化(ヒビ)を見て判断する。と教わりました。まだ平気と言われしばらく過ごしていましたがついにやる事に。
私達夫婦は周りの家と被らない色にしよう、色々な家をいっぱい見て参考にしようと半年考えました。ただ自分が好きな色で決めれば良いというものではなく景観を壊さないようになど、地域によって使ってはいけない色もあるようです。また色によって綺麗に色が出るように下地に白を塗る。イコール、その分金額も上がるなど。そして、色褪せしやすい色しにくい色なども私達素人には分からない事が多くありました。軒天は白系の色をすすめられました。理由は反射で軒下が明るくなるから。納得です。
このように沢山の色の中から選べますが金銭面でもメリットデメリットになる色もあるので外壁塗装の職人さんに相談して良かったと思いました。街灯のぼんやりした光の中で、夜帰って来る人が安心した気持ちで入りたくなるような色の家。そんな色の家になったかな?と思います。